町田で行われている葬儀の種類を説明します

町田市の中心地でもある町田駅には近代的な商業・文化施設が建てられ、その間を縫うように何十年も昔から続く老舗が共存しています。「新しい文化」と「古き良き自然・伝統」、中でも都内ではなかなか目にすることのできない歴史を感じさせる古道や寺社・史跡等々、素晴らしい自然遺産・文化遺産が大きな魅力です。また、「新しい文化」と「古き良き自然・伝統」が共存している町田市は老若男女に親しまれ、近年、人口は右肩上がりです。しかし2020年をピークに減少傾向にあります。これは日本全体の問題で、町田市では高齢化社会への対策として、住み慣れた街で安心して暮らせるようなまちづくりプロジェクトが実施されています。そんな町田市で最後の時を過ごす葬儀場にはどのような種類や特徴があるのかをご紹介します。

故人の遺志を尊重し、葬儀形式の選ぶ時代

葬儀場の種類の多くは、一般葬・家族葬・一日葬・火葬式が挙げられます。参列者が多い場合には一般葬で行い、町田市では150名程参列される葬儀場があります。また、近年選ばれている葬儀形式の一つである家族葬は基本的に、身内だけを集めて数十名程で行うものが多いです。家族葬が増加している理由には、高齢化が進み介護や医療に費用がかかるなどの経済的な理由やそういった経済状況の中で家族に迷惑をかけたくないという故人の遺志、最後の時間をアットホームにゆっくりお別れができる、また宗教儀礼や伝統的な儀式に縛られない自由な形式で行いたいなどの理由があります。また一日葬は、お通夜を行わず、一日で火葬と告別式を行う形式で、本来2日間かける工程を1日で行うので費用を抑え、ご高齢な遺族の身体的負担や遠方からの参列者の負担も軽減できます。

デメリットから考える葬儀場選び

経済的な理由から一般葬のような費用がかかる形式を選ばず、家族葬などが増加傾向にありますが、費用を抑えられるメリットに対しデメリットなのが、家族葬である場合、規模が小さく参列者も少ないが故に香典も少なく葬儀費用をほとんど負担しなければなりません。しかし、町田市では葬儀を行った後に葬祭費又は埋葬費と呼ばれる葬儀費用の補助金があります。家族葬などの通夜・告別式を行わない直葬をされる場合も支給されるので町田市役所に請求しなければなりません。待っていても受け取れる補助金ではないので2年以内に請求する必要があります。また町田市にある葬儀場の多くは駅から近く立地がいいことが目立ちます。住み慣れた街で最後の時を過ごし、親族や近しい人達が集まりやすい環境が整っているのも町田市の魅力の一つかもしれません。

東京・神奈川全域を24時間・365日対応いたします。ご相談・お見積りも無料です。 火葬式プランが5万円。ご遺族の負担に配慮しました。搬送やお棺など、必要な項目はすべて含まれております。 火葬式5万円・家族葬が18万円から。葬儀規模に関わらず、安心のご葬儀費用でお手伝いいたします。 有資格者の「葬祭ディレクター」がお手伝いいたします。 家族葬プランが18万円~。小規模のご葬儀に最適です。 町田市でのご葬儀なら平安メモリアルへご相談