葬儀を町田で行うのに注意すべき点を教えます

家族が亡くなるとすぐに葬儀の準備が始まります。悲しい気持ちがある中でも、葬儀が終わるまで休む暇もなしに動かなければいけません。日程や場所を決めなければ、親族や故人が生前お世話になった方々に訃報を知らせることができないので、まずは日程や場所を決めることから始めましょう。人が亡くなった時は、亡くなった次の日にお通夜でその翌日にお葬式が行われます。ここでは日程を決めるための注意点を紹介します。町田市のお葬式では、菩提寺の僧侶に読経をしてもらうことが一般的です。そのため、僧侶の日程を聞いてからお葬式の日程を決めます。どうしても僧侶と予定が合わない場合は、菩提寺から別の寺の僧侶が紹介してもらえることもあります。他の僧侶に菩提寺に相談あることなくお葬式をお願いするような事は避けるようにした方が良いです。

町田で家族が亡くなった時の葬儀でまずすることって?

町田市では、豪華な葬儀ではなく直葬(ちょくそう)のお葬式を選ぶという人が増えています。葬儀社が調査した結果で、葬儀社が行うお葬式の6件に1件は直葬という調査結果もでています。直葬とは、通夜や告別式などの式を省き、ごく親しい方で火葬のみを行うことを指します。呼び名は違いますが「火葬式」というのも同じです。従来のお葬式の形式にこだわる人が減ってきた事が大きな理由です。ただし、直葬というのは、事前に内容を調べておかないと、後でトラブルになることもあるので、注意しなければいけません。 直葬はお葬式の内容を簡素にし、費用をできるだけ安価に抑えたやり方です。式は行うこと無く、火葬場でお別れとなります。直葬葬儀の規模 は5人から10名程度が最適です。高齢で身内がいないという人が増え直葬を行う人が増えています。

町田市の葬儀のメリットとデメリットをお伝えします

町田市で葬儀を行うメリットをお話します。一つ目のメリットは、ほとんどの葬儀社が24時間・365日休まずいつでも対応してくれるところです。連絡を受けてから1時間程度で、病院へご遺体のお迎えに行きます。迎えに行く場所は、自宅や警察署でも可能です。その後、ご家族の落ち着ける場所で現地スタッフが葬儀の内容と流れをご説明し見積書を作ります。菩提寺が無いという人は、ネットで僧侶の派遣を申し込むこともできます。打ち合わせを丁寧に行い、きちんとご納得いただいた上で契約となります。また、見積書を作成するため葬儀費用も1円単位で詳しく見積ります。そのため想定外の出費がないところがいいところです。こだわりたい部分に予算を配分し、ムダな部分はカットするので、メリハリのある葬儀を行うことができます。また、町田では小規模な葬式が多く、参列者が多いご家族には窮屈に感じる人もいるかもしれないというデメリットもあります。